沿革

昭和10年5月 大阪市西成区の現在地で妻藤一郎が合資会社第一鋼業刃物製作所を創業、機械刃物の製造販売を開始
昭和25年 株式組織に改め、株式会社第一鋼業刃物製作所を設立
昭和30年 北九州市戸畑区に九州営業所を開設、販売業務と研磨修理加工を行う
昭和34年 東京都大田区に東京営業所を開設、販売業務と研磨修理加工を行う。
社名を第一鋼業刃物株式会社とする。
昭和36年 大阪本社を拡張し、第一鋼業熱処理工業株式会社を設立。
代表取締役は妻藤一郎が兼任
昭和45年 第一鋼業刃物株式会社と第一熱処理工業株式会社を合併し、
第一鋼業株式会社を設立し現在に至る
昭和48年 代表取締役に妻藤操一が就任する
昭和50年 棒鋼の熱処理で日本工業規格表示許可(平成17年に辞退)
昭和51年 熱処理ソルト工場の設備増強し、防衛庁の熱処理特殊工程を認定
昭和55年 九州営業所(工場)を北九州市若松区に移転
昭和56年 代表取締役に妻藤昭郎が就任
平成3年 熱処理素材工場のピット炉等の設備増設
平成12年 東京営業所の新築
大型真空熱処理炉の導入
平成13年 代表取締役社長に妻藤誠が就任
平成18年 本社工場熱処理部門が ISO9001の認証取得
平成21年 浸硫窒化設備(DSハード)及び真空洗浄設備を新設
平成22年 大阪ものづくり優良企業賞2009・技術力部門賞受賞
平成24年 熱処理素材工場に10トンクレーンを増設
大阪企業家ミュージアム特別展示で会社を紹介
平成25年 全社[刃物加工品部(本社・東京・九州)と熱処理部]で
ISO9001認証取得
平成27年 創立80周年記念行事(5月)