予熱(よねつ)      [y17]

【用語の意味】

変形防止や加熱時の温度均一性を増す目的で、目的の加熱温度以下のある温度に加熱保持すること。

【補足説明】
加熱シミュレーションこの図は、SKD61のφ300x1000の丸棒を大気炉で加熱したときの中央の表面と中心温度をシミュレーションしたものです。
これによると、加熱中にオーステナイト変態が起こる750~850℃程度の温度域では、100℃程度以上の温度差があることがわかります。
未変態の状態では、熱膨張の差から加熱中の変形が起きますし、変態すると寸法が収縮しますので、変形はかなり複雑な経緯をたどることになります。
特に大きな品物ではこれを避けるために一定温度で保持するのが「予熱」ですが、できれば、なるべく多段階で昇温するのがいいのですが、最低限でも、変態温度前後の予熱が望ましいといえます。しかし当社では操業性やコスト面や、冷却時の変形も加わるために過剰な予熱は必要ないという判断から、750℃と850℃前後の予熱温度又は850℃程度の温度を使っています。


↑記事のTOPに戻る