U曲線(ユーカーブ)     [y14]

【用語の意味】

Uカーブともいう。円柱状の試験片を焼入れして、その横断面の表面~中心~反対表面の硬さを図示したときに得られるU字状の曲線を言う。

【補足説明】
Uカーブの例
例えば、上左図はS45CのU曲線の一例ですが、S45Cなどの焼入れ性の低い鋼種は、断面硬さを見ると、内部の硬さが低くなっており、寸法が大きくなるにつれて、全体の硬さが低下します。
通常の熱処理後には表面硬さしか測定しませんし、また、硬さを測定できる部位は限られていますので、例えば工具などでの働き部分(作用部分)の硬さについて考える場合は、その特徴やおおよその焼入れ性について知っておくといいでしょう。
焼入れ性については、ジョミニー焼入れ性試験やCCT曲線などで概略的な傾向を知ることはできます。
上右はSCM435のジョミニー試験の焼戻しにおける硬さ推移(上右図)ですが、水焼入れによる試験ですので、通常の油焼入れするものとは異なることに注意する必要があります。


↑記事のTOPに戻る