焼戻しマルテンサイト     [y11]

【用語の意味】

250℃程度以下で焼き戻した状態のマルテンサイト。これを焼入れのままのマルテンサイトに対してβマルテンサイトと区別して呼ぶ場合がある。強靭性があり硬さも高いために、冷間工具などはこの状態で使用するのが良いとされる。

【補足説明】
水焼入れしたままのSK105の小さな資料では、マルテンサイト組織になっていて、3%ナイタールではほとんど腐食して組織を観察するのは難しいですが、200℃程度に焼戻しすると、20秒程度で腐食して観察できるようになります。
鋼種全般に言えることは、焼入れしたままの状態と比べて、200℃程度の焼戻しをすることで若干硬さが低下し、じん性が急激に向上すると説明されます。このために、焼入れのままではなく、この状態で工具などで使用します。
不二越資料 組織と長さ変化T字カミソリの刃はかつては炭素工具鋼で作られていましたが、その当時は「熱いお湯につけると長持ちする・・・」というまことしやかなうわさが語り継がれていました。現在はステンレス鋼に変わり、焼入れの方法も多様化していますし、表面処理などで切れ味を改善していますので、このようなことは当てはまらないと思いますが、焼戻しをして使用するということは重要です。
これは、不二越NACHI-BUSINESS news2004.novの資料ですが、
100℃で炭化物析出による長さ変化が示されています。この時にいろいろな変化が起きていると考えると、熱処理の重要性というものが感じ取れると思います。
不二越さんは、熱処理の基本データをたくさん公表されています。「不二越 熱処理講座」で検索して読まれると、参考になるものも多いでしょう。

↑記事のTOPに戻る