焼戻しパラメータ     [y10]

【用語の意味】

通常の焼戻し曲線は焼戻し温度とその硬さの関係を示しますすが、焼戻し硬さは温度と時間の関数でその関係を表したものを焼戻しパラメータといいます。

【補足説明】
SKD61の焼戻しパラメータ例日立金属カタログより焼戻しパラメータ例

左はSKD61,右は日立金属のカタログで示されているものです。

これをどのように使うのかは「焼戻し回数」などと関係して難しいのですが、いろいろな使い方が考えられます。

当社の一例ですが、5mを超える長尺の品物を高温焼戻しで急激に硬さが落ちる温度で焼き戻すときに、硬さのばらつきを抑えるために、少し温度を下げて長時間焼戻しするという方法などで温度時間を決めるために利用していました。20+log(Hr)ですので、少し焼戻し温度を下げると、長時間焼戻ししなければなりませんが、時間の影響は対数で作用するので、ごく少し硬さを落としたい場合の保持時間を考える場合などにも応用できます。

このようなことを考えることを「机上熱処理」と笑われたこともありますが、このような「遊び」もできる機会が少なくなったような気がします。

日立金属さんのデータもすごいですが、最近はこのような試験もできなくなっているのではないかと懸念もしています。古き良き時代だったのでしょう。


↑記事のTOPに戻る