焼なまし      [y06]

【用語の意味】

焼なましは、残留応力の除去(応力除去焼なまし)、硬さの低減・延性の向上(軟化焼なまし)、冷間加工性の改善・組織の調整(完全焼なましや球状化焼なまし)、ガス不純物の放出・組成の均質化(拡散焼なまし)などの種類と目的があります。
一般的には鋼の硬さを下げてやわらかくすること「焼なましする」といいますが、温度や目的はこのように異なっています。

【補足説明】

このうち拡散焼きなましは製鋼段階で行われるもので、熱処理の工程では行いません。

その他の焼なましについては変態点を超えて加熱するかどうかで区別し、特に、冷却の仕方が大きく変わります。変態点を超える焼なましは「完全焼きなまし」「球状化焼なまし」ですが、このうち、完全焼なましは730℃程度のA1変態点(えーわんへんたいてん)以上に温度を上げた後に1時間に15℃程度の冷却速度でゆっくり冷やす(これを「炉冷」といいます)ことで、鋼は非常に柔らかくなります。

球状化焼なましはさらに温度を調整して、炭化物を球状にさせることで完全焼なまし以下の硬さになりますが、高合金鋼などでは簡単に炭化物が球状化するものが多いので、球状化焼なましと完全焼なましを区別しないことも多いのですが、ベアリング鋼(SUJ)では球状化の程度でベアリング寿命が変わるという理由で、球状化のために難しい温度制御をすることもあります。

その他の焼なましは「低温焼きなまし」といういい方をされる場合もあり、硬さのの状態や熱処理の履歴などを見ながら、変態点以下の700℃程度までの温度で加熱処理をします。これらは加熱後放冷される場合がほとんどです。


↑記事のTOPに戻る