トルースタイト        [t20]

【用語の意味】
troostite:トゥルースタイト、ツルースタイトなどとも表記される。
マルテンサイトを焼戻しした時に生じるフェライトとセメンタイトの微細組織。焼戻し温度を上げると、トルースタイト→ソルバイト→パーライトと変化する。恒温変態による焼入れ時の処理でも生じる。
【関連する用語】
  ソルバイト  パーライト
【補足説明】

トルースタイトの組織例 山本科学工具研究社 ソルバイトの組織例  同社
山本科学工具研究社の組織写真の一部を引用している。
左がトルースタイト、右がソルバイトと表示されている。いずれも金属顕微鏡組織では判別できないくらいに微小なフェライトと炭化物の層状組織とされており、トルースタイトのほうが緻密である。
焼入れ時に共析鋼を水冷するとマルテンサイトになるが、徐々に冷却速度を遅くすると、トルースタイト→ソルバイトから、徐冷するとパーライトになると説明され、次第に硬さが低下する。
これらの層状組織は硬さが低下するにつれて層間距離が大きくなるが、これについても明確な分類境界はない。
同様の組織でベイナイトというものがあるが、これもやはりマルテンサイトに近いトルースタイト状の組織といえる。しかし、高いじん性を持つ・・・などと説明される場合も多いのであるが、それを示す詳しい資料もあまり見たことがない。
品物が大きくなると焼入れですべてマルテンサイトに熱処理できないので、恒温処理や変態制御は面白そうな領域の未開発分野で、硬さとじん性を兼ね備えた状態にできる、熱処理ならではの新材料ができる可能性があるのだが、熱処理や鉄鋼は研究者にも人気のない領域になってしまっているのかなぁ・・・。


↑記事のTOPに戻る