とりべ分析値   (とりべぶんせきち)     [t19]

【用語の意味】
溶鋼分析値。溶鋼が鋳型に入れられるときに取鍋(とりべ・とりなべ)から採取した試料による成分等の分析値。通常は、ミルシートにはこの値が表示される。
【補足説明】

溶鋼の状態では、充分攪拌されておれば成分の均一性が高いので、JISなどでもこれを採用することになっている。
大量に生産される鋼の多くは連続鋳造が採用されているので、製造された鋼片各部の成分差などはかなり少なくなっているが、鋳型に鋳込んで製造される鋼で、特に高合金鋼は、中心部が最後に凝固するため、成分などの偏析は避けられないので、試験片の採取位置によって成分や性質がミルシート値と違うことになる。しかし、それを均質化するのが「技術」であり、様々な工夫や技術によってとりべ分析値に近づけるように、また、偏析の少ない鋼が生産されている。


↑記事のTOPに戻る