低温焼なまし   (ていおんやきなまし)   [t14]

【用語の意味】
A1変態点以下で加熱する焼なましで、軟化(軟化焼なまし)、応力除去(応力除去焼きなまし)などのために行う処理をいいます。
【関連する用語】
  完全焼なまし  
【補足説明】

焼なまし温度これはWEBから引用した図ですが、炭素量に応じて様々な焼なましが行われます。
一般的な焼なましは、軟化、応力除去、均質化などの目的で行います。
焼なまし温度では、図のP-KのA1変態点と呼ばれる温度の上か下かで処理の方法が変わります。A1点より上の温度にあげると、オーステナイト化して結晶構造が変わりますので、炉冷するなどで冷却をゆっくりする必要があります。その温度以下の低温焼なましでは、ゆっくり冷やすほどいいのですが、通常は放冷する作業が行われます。
変態点以下の温度での焼なましが低温焼なましですが、温度を上げるにしたがって軟化しますので、硬さや焼戻し温度などを勘案しながら応力除去や軟化をすることができます。しかし、できるだけ高い温度のほうが効果が大きくなります。
オーステナイト系のステンレス鋼などの低温焼なましでは、400℃以上になると鋭敏化といって耐食性が下がることが多いので、ここには書かれていませんが、溶接などでのピーク応力の除去のための300℃以下での応力除去処理なども行われます。


↑記事のTOPに戻る