直接焼入れ   (ちょくせつやきいれ)     [t11]

【用語の意味】
浸炭。浸炭窒化後にそのまま焼入れ温度にして焼入れすること。浸炭焼入れ。
【補足説明】

過去には木炭の中に品物を入れた浸炭する固形浸炭では、いったん品物を取り出して冷却後に改めて焼入れ・焼戻し処理が行われていたが、近年ではガス浸炭などの雰囲気調整された炉内で浸炭などが行われるため、効率を考えて、それを同一炉内で連続して行うことを直接焼入れといい、この方法が主流になっている。
浸炭は窒化などの表面処理に比べて深度がえられる上に、高周波焼入れよりも表面が高炭素となるので耐摩耗性が高いという特徴がある。浸炭処理は900℃程度以上で行い、その後、母材の焼入れ温度まで温度を下げて保持した後、油冷などで焼入れ処理をする。
この処理については、一時は、浸炭温度が高いために結晶粒度の点で問題があるという意見もあったが、現在では、改めて焼入れするのとでは「あまり差がない」ということで、この方法が通常の方法になっている。
表面は硬く、内部は強靭性のある品物に仕上がるこの方法は、非常に有用性が高い。
浸炭方法についても、ガス浸炭、プラズマ浸炭、真空浸炭などのいろいろな方法があり、また窒化と浸炭をするようなものも行われている。


↑記事のTOPに戻る