中断焼入れ   (ちゅうだんやきいれ)   [t07]

【用語の意味】
焼入れ冷却途中に水や油から引き揚げて、焼割れ・変形防止や硬さ調整などを行う方法。 時間焼入れ、段階焼入れなども同様のもの。
【補足説明】

現場の熱処理では、小さな試験片での熱処理とは異なり、特に焼入れ冷却時には、品物各部の温度を一定にして変態させることが一つのポイントになる。
このため、構造用鋼などは別にして、変形や工具性能などを考える場合には、冷却中に水や油から引き揚げて、内部や部分の温度を調整することは絶えず行われている。こうすることで、変形や焼割れの危険性を低減し、硬さ分布なども改善できる。
2段冷却、2段焼入れ、段階焼入れなどは同じような操作を意味するが、焼入れの基本は「柔らかいパーライトなどの組織を出さないように、S曲線などでいうパーライトノーズにかからないようにその温度以下に冷却して、できるだけ品物の温度を保ちながらマルテンサイト変態させる・・・」というように先輩から教えられて引き継いでいる。
高合金工具鋼製の大きな品物などにおいても、炭化物生成による性能低下の懸念から、600℃程度までは早い冷却が求められるが、その後に関係するのは「Ms点(マルテンサイト化温度)」で、Ms点に達すると、早い冷却速度は必要でないとされる。
この一連の焼入れ操作中の温度低下の間に、表面からの冷却と、内部の熱による復温によって、熱膨張と焼入れ変態による両方の変寸をコントロールすることになる。
熱処理操作にかかる特許などもあるが、品物が千差万別であり、異鋼種を混載する場合などはMs点も異なるので、標準化なども難しく、浸漬時間や引き上げ時間などの操作は経験や勘に頼る部分が多い。


↑記事のTOPに戻る