窒化    (ちっか)     [t06]

【用語の意味】
表面層に窒素を拡散浸透させて表面を硬化させる処理。
ガス窒化、プラズマ窒化、真空窒化、軟窒化、液体窒化などいろいろな種類・方法があり、加工する各社で独自の処理名をつけている場合が多い。当社も、DS(ディーエス)ハードと称する複合表面処理を行っている。  
【補足説明】

鋼についての表面硬化について浸炭、高周波などの焼入れがあるが、窒化は、通常の全体熱処理をしてから表面を研削などで仕上げた状態で行う。処理温度は500~600℃程度のために、浸炭や高周波によるマルテンサイトによる硬化とは異なり、その処理温度近くまでの耐熱性があるといえる。
ただ、前者は1mm以上の硬化層があるのに対して、窒化では0.1程度の浅い硬化層しか得られない。
窒化した品物の寿命などの効果については単に硬化深さだけによるものではなく、その窒化深さや窒化したときに生じる硬化層の性状などで効果(品物の寿命)は変わる。
そのため、窒化を表現する際には、表面の「化合物層(外部窒化層)」と「拡散層(内部窒化層)」について検討される。
化合物層は顕微鏡で見ると腐食しにくく白く見えることから「白層」とも呼ばれ、一般的には脆いために、これを現出させない様にして硬化深さを調節する方法が検討されることが多い。
軟窒化は硬化層は薄いものの炭素と窒素を侵入させる方法で、このほかにも、多層化することなど複合的な表面処理によって長寿命化させるなどの研究も多い。


↑記事のTOPに戻る