探傷試験 (たんしょうしけん)     [t04]

【用語の意味】
熱処理でしばしば行われる表面の割れや傷を検査するために、「染色探傷試験(カラーチェック)」「磁粉探傷試験(マグネチェック)」や、内部欠陥を調べる「超音波探傷試験(エコーチェック)」などのほか、いろいろな方法があり、JISなどのもその試験方法が定められている、
【補足説明】

このうち、表面の傷や割れを検査する染色探傷試験は浸透液を品物の表面にかけて、それを現像液で見やすく現出させるもので、実際的には、非常に小さいクラックを見つけることは熟練が必要となる。
磁粉探傷試験も同様であるが、磁気を加えると割れの部分が磁化しやすいことを利用しているため、表面に出ていない傷なども現出することがある。
超音波探傷は内部の地きずなどを調べることができる。
しかし、いずれも、小さな傷の検出には限界があり、熱処理前にこれらの試験をやっていても熱処理で表面傷からの割れが生じる場合もあるので過信してはいけない。
近年の鋼材の品位は昭和年代のものに比べて格段に良くなっており、量産鋼では素材に起因する熱処理の不具合はほとんど見られなくなったが、量産品でない工具鋼などではときおり地きずなどの問題が出る。
当社の近況は、焼割れ品や使用して破損した品物の状況などを顧客に報告するための写真を撮るときに染色探傷試験をするくらいで、探傷試験の頻度は少ない。


↑記事のTOPに戻る