ソルバイト            [s36]

【用語の意味】
マルテンサイトを焼戻しした時に生じる組織で、セメンタイトとフェライトの微細な混合組織をいいます。
これはパーライトの一種で、さらに微細なものは、トルースタイトと呼ばれます。
焼入れ時に恒温処理(オーステンパー)を行うことでもこれらパーライトの微細組織が得られます。
【補足説明】

炭素鋼などを焼入れしてマルテンサイト状態にした鋼を焼戻し温度を上げていくと、250℃程度以上でセメンタイト(炭化物の1種:Fe3C)が析出し、トルースタイトと呼ばれる微細な層状組織になり、さらに焼戻し温度を高めて500℃程度以上になると微細組織が成長して次第に硬さが低下してソルバイトと呼ばれる組織になる・・・というように説明されます。両者の境界は特になく、イメージ的な感じで表現されているようです。
焼入れの際に大きなパーライトが出ないように一定の温度に保持して恒温変態させると、その保持温度によって組織の違った状態の熱処理が可能ですが、温度の高い側ではトルースタイトに、マルテンサイト化温度に近づいて低い温度で保持するとソルバイト組織になります。これらの違いも厳密なものではなく、説明もイメージ的なものです。
ツルースタイト組織 山本化学工具 ソルバイト組織 山本化学工具
これは、山本化学工具研究社の組織写真を引用していますが、左がトルースタイト、右がソルバイトです。いずれも非常に微細なパーライトでその境界を顕微鏡で判定するのもむずかしいのですが、左のほうが硬さが高い状態になっています。


↑記事のTOPに戻る