析出硬化(せきしゅつこうか)         [s31]

【用語の意味】
高合金鋼などで、焼戻し温度を上げたとき、炭化物が凝縮(析出)し硬化すること。高温焼戻しにおける500℃以上での2次硬化も同様。
【補足説明】

「析出」の項も参照。
高合金工具鋼や高速度工具鋼などでクロムCrやモリブデンMoを多く含む鋼は、焼戻し温度を上げていくと硬さが低下していくが、500℃程度以上の温度で硬化する鋼種が多い。これは、焼入れによってマトリックス(素地)に溶け込んだ元素が炭化物などとして素地中に生じるためで、これによって硬化する。これを「2次硬化」という。
析出硬化型のステンレス(SUS630など)でも、溶体化処理後に450℃程度の温度に時効処理すると硬化するのも炭化物や金属間化合物の析出であるので、これも同様といえる。


↑記事のTOPに戻る