青熱脆性(せいねつぜいせい)        [s29]

【用語の意味】
鋼を300℃付近で加熱すると、引張強さなどの増加と伸び・絞りなどの値が低下して脆くなる現象のこと。
焼戻しなどではこの温度範囲の使用を避けるのが良いとされている。
【補足説明】

青熱とは、磨いた鋼を300℃程度に加熱する時にみられる色で、これが現れるのは250℃~350℃程度であるので、このような呼び方をされる。構造用鋼などでは「焼戻し脆性対策」として、この温度域を避けることやこの温度域を早く冷却するという操作が奨励されていたが、近年当社では、構造用鋼の熱処理が減っており、この温度域を使用する品物もなく、これに言及できないが、近年の鋼はこれが叫ばれていた昭和50年代に比べてかなり品位が向上しているので、現状がどうなっているかを熱処理屋として答えようがない。
工具鋼についても、300~500℃の焼戻しで硬さを決めることが少ないし、高硬さ品の引張試験を行うケースがほとんどないので、この脆性を懸念することはしていないという実情である。
また、いろいろな鋼種のシャルピー衝撃値の試験結果を見ても、この温度域でシャルピー値が急変するものも見られない。
熱処理的には「低温焼戻し脆性」と一部混同して説明されることも多いし、最近の技術資料はこれらの記事をほとんど見ないので、社内でもこれは意識されていない感じがする。
この文章の内容は、技術的な説明になっていないので、上の「用語の意味」だけで容赦願いたい。
焼戻し色 日立金属の例
日立金属の資料「鉄鋼の焼戻し色」


↑記事のTOPに戻る