ステンレス             [s26]

【用語の意味】
ステンレス鋼。古くは、不銹鋼と呼ばれる。耐熱、耐酸化性、耐薬品性などの特徴あり。現在は、フェライト系、オーステナイト系、マルテンサイト系、析出硬化型、2相系などと呼ばれるものがある。JISの鋼種記号はSUS。
【補足説明】

ステンレスは表面に薄い不働態(不動態とも)が生じることで「さびにくい」状態になる。「さびにくさ」とは、耐食性、耐酸化性、耐熱性、耐化学薬品性などに分けられて数値化されて表現されることも多い。
種類や用途は多岐にわたっており、JISではアメリカ規格などの鋼種名を転用しているが、番号の統一性もなく、わかりやすい分類になっていないので覚えるのも大変である。
昔は、「高価であるかどうかは、磁石に引っ付くか引っ付かないか」で区別されていたが、これは、流し台などに使われる安価なフェライト系(常磁性)とCrなどの合金成分が多いオーステナイト系(非磁性)に分けてスクラップの買取価格などで扱われていたためで、今では磁性で高価かそうでないか・・・を見分ける基準にはならない。
熱処理の方法も多岐にわたっている。熱処理に関係する用語を見ると、、軟化や応力除去などの焼なまし以外に、フェライト系・2相系では特に熱処理の用語はない。オーステナイト系では、溶体化処理(固溶化処理)が、マルテンサイト系は焼入れ・焼戻しが、析出硬化系は溶体化+時効処理などが説明される。


↑記事のTOPに戻る