水靭(すいじん)         [s24]

【用語の意味】
高マンガン鋼(または鋳物)などの固溶体化処理で、オーステナイト加熱温度から水冷して常温でオーステナイト状態にする処理。
【補足説明】

高マンガン鋼は、JISなどのマンガン鋼(SMn***)とは異なり、Mnを大量に(10数%)加えることで常温でオーステナイト状態になるようにした鋼で、非磁性で変形を加えると加工硬化して表面が非常に硬くなるので、土木機械の切り刃部分や爪の先端などに鋳鋼品が、また肉盛り溶接してその部分の補修で用いられる。鋳込み状態では脆い状態であるのでオーステナイト化温度(900~1000℃程度)に加熱後に水冷することで、安定したオーステナイト状態の鋳鋼になる。
上記の性質から、機械加工は困難で、加工が必要な場合はグラインダーなどで成形して使用する。


↑記事のTOPに戻る