浸炭(しんたん)             [s22]

【用語の意味】
鉄鋼表面の炭素量を増すために、浸炭剤または浸炭雰囲気中で加熱すること。最近は、焼入れ処理まで同時に行うことが多い(浸炭焼入れ・直接焼入れ)
【関連する用語】
 
【補足説明】

品物の表面部の鋼中の炭素濃度を高める方法が浸炭で、古くは黒炭中に品物を入れて加熱することで深い浸炭層を得る「固形(固体)浸炭」をした後に再度過熱して焼入れする方法が行われていたが、近年では、炭素濃度を高めた雰囲気中で浸炭し(「ガス浸炭」)、それを表面の成分に合わせて温度を調節(下げて)して、そのまま焼入れする方法がとられる。(これを「直接焼入れ」という)
浸炭部分は共析組織(約0.85%C)に近い炭素量にすることが多いので、浸炭用の材料は、炭素量が0.2%程度以下の鋼が適しており、低合金鋼も用いられる。
芯部と表面部の適正焼入れ温度が異なるので、過去にはそれぞれの焼入れ温度に合わせた「2段焼入れ」が行われていたが、温度や炭素濃度管理が適正に行われるようになったために、浸炭温度から温度を下げて表面部の温度に合わせて焼入れする「直接焼入れ」をしても特性の劣化が少ないため、近年では、この方法が主流になっている。
しかし高い温度で浸炭されることで、残留オーステナイトによる硬さ不良や経年変化が問題になることもある。
ガス浸炭のほか、近年は、真空にして浸炭する「真空浸炭」や真空状態でグロー放電を利用する「プラズマ浸炭(イオン浸炭)」などもあり、過去に行われていた固形(固体)浸炭や液体浸炭は行われなくなってきている。


↑記事のTOPに戻る