JIS硬さ(じすかたさ)        [s14]

【用語の意味】
過去のJIS規格票に参考資料として示されていた、標準的な熱処理をした場合の参考硬さをさす。
慣用的な表現・使われ方であり、現在ではこのようなものはない。
【関連する用語】
 旧JISの硬さ
【補足説明】

現在のJISにおける熱処理条件と得られる機械的性質は社内規格等で個々の工場で定めることになっているが、平成年代の初期ごろまでは、構造用鋼(炭素鋼・合金鋼)のJIS規格の参考資料として、φ15程度の丸棒について標準的な熱処理条件で焼入れ焼戻し(調質)をした場合の参考硬さが表とデータで示されており、例えば、調質について言えば、S45Cではブリネル硬さで201~269、SCM435では269~321という数字が掲載されていた。それは非常に便利で参考になるもので、お客さんも、これを基準に熱処理依頼をするのが通例であったが、現在にJISハンドブックにもそれは無く、製鋼メーカーや熱処理文献に残っているだけの状態になっている。
当時でもJISでは、鋼種の標準成分範囲、棒径サイズ、焼入れ焼戻し条件で熱処理した場合の参考硬さしか示していないにもかかわらず、多くのお客様はその硬さにすることで基本的な機械的性質が得られる…と受け取る人が多かったためか、大きな形状のものでもその硬さを指定する方が多かったという実情であった。
この値は一つの基準値であるし、表面硬さが指定値になっているので、特に問題ではないともいえるが、実際には、焼入れ性から全体強度を考えると、当然、品物が大きければ焼入れ時の表面硬さが確保されないので、その表面硬さにするには、焼戻し温度を下げることになり、『調質』本来の、「内外の機械的性質を均質にする」という意味から外れていることにもなるが、当時はこれで特に問題になった事は無かった。
近年当社では構造用鋼の調質という熱処理はほとんどやっておらず、焼入れ焼戻しをして、その表面硬さにするという熱処理契約になっているし、他社がどういうことになっているのかわからないが、今考えても、「JIS硬さで・・・」と熱処理依頼できるお客様側の便利さとそれを満たせばいいという熱処理屋の双方に安心感のある数値で、それで問題がないとすれば、当時は「良き時代」だったのかもしれない。


↑記事のTOPに戻る