磁気変態(じきへんたい)        [s11]

【用語の意味】
強磁性体⇔常磁性体の変化が生じる温度が磁気変態点(温度)で、鉄鋼では、平衡状態図にみられる変化や結晶構造の変化はない。
熱処理に関係する磁気変態点としては、鉄-炭素系状態図には、210℃付近のセメンタイトの磁気変態点A0(えいぜろ)と780℃付近のA2(えいつー:キュリ-温度)が示されている。
【補足説明】

鉄-炭素2元系平衡状態図の例
鋼はオーステナイトになると非磁性(常磁性)になる。
熱処理をしていて経験することで、型鋼の焼なまし品がA0点以上ではマグネットリフマー(永磁チャック)の着磁力が急激に落ちることや、焼入れ途中のMs点以上の温度の品物は、同様にマグネットリフマーの着磁力が充分に利かないことをしばしば経験する。前者はセメンタイトを含む組織が磁気変態点A0に関係する事象で、後者はオーステナイトが未変態のためにA2が関係する事象であり、いずれも鋼の一部が非磁性(常磁性)になっていることによるが、完全に磁石につかないわけではない。
なぜかと聞かれると説明は難しいのであるが、前者は、完全にセメンタイトを含む組織でないことで、また後者はオーステナイト→マルテンサイト以外の結晶粒界反応などが起こっている・・・という説明もできるが、本やデータでそんな事象を読んだこともない。不思議といえば不思議であるが、本で説明されない事象は熱処理作業中にはいろいろ起こることは通例である。


↑記事のTOPに戻る