残留応力(ざんりゅうおうりょく)       [s07]

【用語の意味】
熱処理中の温度や変態によって発生し、品物の表面や内部で変化している応力をさすことが多い。
応力とは、品物の内部に発生する単位面積当たりの力であるが、特に品物の表面部の状態で製品寿命などに影響する。大きく分けて、引張応力と圧縮応力などとして作用する。
【補足説明】

焼入れして硬化すれば、応力が増加するため、引張力や圧縮力が強くなる。しかし、それが均一に分布するような単純形状の品物では問題が起きないが、通常の品物の各所ではその分布が異なるので、特に、引張力が材料強度を上回るとその部分からの破壊につながる。これは、形状的な応力集中によるマクロ的な破壊原因の例として説明される。
もう一つはミクロ的な見方で、表面熱処理(例えば高周波焼入れ)をすることによって、表面からの圧縮残留応力によって疲れ性が増加するということや、脱炭によって品物の表面に引張応力が残留すると、焼割れが生じやすい・・・ などの残留応力に関する説明がされる。


↑記事のTOPに戻る