ロックウェル硬さ         [r12]

【用語の意味】

ロックウェル硬さ試験機を用いて測定した硬さ。C・A・Bなどのスケールがあって、それぞれ測定方法が決められています。このうち、Cスケールを用いたHRC硬さがよく用いられます。

【補足説明】
HRC硬さはダイヤモンド圧子を150kgで押し込んだ時の押し込み深さで硬さを算出するものです。 JISには硬さ試験方法や硬さ試験片について規定されるなどの標準化も進んでいて一般的に使われる硬さといえますが、JISに定めた硬さ試験片での測定以上に品物の硬さ測定は留意点が多く、当社でも作業員を認定するなど、正確な硬さ測定には技能を習熟する必要があります。
また、硬さ相互の関係について、JISの規定はありませんが、JISのハンドブックには「硬さ換算表」が掲載されており、ブリネル硬さ、ショアー硬さ、ビッカース硬さなどとの換算ができるとともに、引張強さの値も換算できるので、強さとの関係を把握できて大変便利になっています。
過去には引張試験片を同時に熱処理するなどで機械試験値を保証するものもありましたが、近年は、硬さの信頼度が上がったこともあって、硬さ以外の熱処理後の試験はほとんど行われていません。

↑記事のTOPに戻る