連続冷却変態曲線(れんぞくれいきゃくへんたいきょくせん)[r10]

【用語の意味】

CCT曲線。縦軸に温度、横軸に時間をとり、焼入れ温度から等速冷却したときの温度推移と常温硬さを示した図。

【補足説明】

炭素鋼のCCT曲線の例を示す。この図では、焼入れのためのオーステナイト化温度860℃から、各種の冷却速度で冷却したときの硬さと、おおよその組織状態がわかる。
300℃/sec以上の速さで冷却するとすべてがマルテンサイトになり、540℃/secで冷却すれば、916HV(ロックウェル換算で67HRC)以上の硬さになり、200℃/secまではマルテンサイトとパーライト(ツルースタイトやソルバイトといわれる微細なパーライト組織)の混合組織になる。それからさらに冷却が遅くなると焼なまし組織になる・・・ということが読み取れる。
これは、特殊な装置を用いて連続冷却させたものなので、実際の熱処理で1cm角程度の小さな試験片を用いて水焼入れしても880HVを超えることが難しく、15℃/sec程度の炉冷をして完全焼きなましすると180HV程度の硬さになるので、実際の熱処理条件と異なる。
この図中でも、140℃/secの線がPs-Pf間で連続冷却になっていないのは変態中に発熱反応が起こっているためで、実施の熱処理ではこのような冷却にはならないといえる。しかしこの図は、実際に焼入れした表面硬さから冷却速度や組織の状態を推定することなどには有用である。熱処理検討には恒温変態曲線(TTT曲線)と合わせてみるといいが、残念なことに、これらの図で公表されているものは多くない。

↑記事のTOPに戻る