冷却剤(れいきゃくざい)        [r07]

【用語の意味】

焼入れに使用する液体などの総称。水、ポリマー水溶液、油、ガス、塩浴剤などがあります。

【補足説明】
焼入れは、早く冷やせばいいというものではありません。早く冷やさないと硬くならない場合は冷却能力(冷却能)の高いものが要求されますが、必要以上に早く冷やすと、変形や曲りだけでなく、残留オーステナイトに伴う焼入れ硬さの不安定さなどが懸念されます。
冷却能は一般的には 水>ポリマー水溶液>油>塩浴剤>ガス ですが、変形や割れの程度を見て、鋼材の焼入れ性に合わせて選択する必要があります。また、冷却剤の温度、循環(攪拌)の程度などによっても変わります。
特にポリマー水溶液や油は使用するにつれて冷却能が変化します。このために、定期的に一定の方法で品物の硬さの経緯を監視するとともに、JISでは冷却剤の冷却特性のための銀棒試験などもあるので、定期的に業者で試験をしてもらうなどで焼入れ冷却剤を管理します。
冷却過程を把握することも重要です。当社では、実用的な方法として、品物の表面や中心に熱電対をつけて1秒以下の間隔で温度と時間の関係を見る方法で変態(焼入れ)の過程を含めた状態を観察します。これにより、攪拌速度や温度、引き上げのタイミングなども検討することができます。


↑記事のTOPに戻る