レアアース        [r05]

【用語の意味】

レアメタルの内、希土類元素17種をさし、磁石用のネオジムや蛍光体のイットリウムなどがあります。鉄鋼種に対する特性などについてはよくわかっていない状況です。

【補足説明】
鋼に対する特性などはあまりわかっていないのは、鉄鋼の価格が安すぎて、その付加価値を評価されない状態であるような感じがします。価格が合って、供給が潤沢になれば、もっと研究されるでしょう。
ニュースなどでは、ネオジム、サマリウム、プラセオジュムなどが強力磁石の材料に使われているのが知られますが、レアアースの多くは中国で産出され、産出量の半数が日本で消費されていますので、WEBで見るとかなりいろいろな用途に使われているようです。


↑記事のTOPに戻る