粒子分散強化(りゅうしぶんさんきょうか)  [r02]

【用語の意味】

鋼では炭化物など異質の微細分子が組織中で析出すると強化する。高温焼戻しでの2次硬化や析出硬化型のステンレスなどがこの原理を利用している。

【補足説明】
鋼が塑性変形する際にすべり面に沿って転位が生じるが、その生じ方の程度が「強度」になる・・・とされる。
鋼の強化機構には、析出、固溶、浸入、粒子分散などがあり、析出と粒子分散は同様の考え方で、析出した異粒子が転位を妨げることで強さが増すと説明されている。
一般的には、析出物が微細な場合を析出強化、析出によって転位が大きく妨げるような場合を粒子分散強化といわれるが、明確な区別は難しい。
工具鋼の2次硬化やステンレス鋼の析出硬化(時効硬化)は、昇温によって素地中に炭化物などが析出することで転位が起こりにくくなる以外に体積膨張などによる内部の圧縮応力の増加で強化されるなどでそれが説明される。


↑記事のTOPに戻る