流動槽熱処理(りゅうどうそうねつしょり)  [r01]

【用語の意味】

セラミック微粉などに熱した気体を流して流動させた槽中(流動床、流動粒子炉ともいう)で行う熱処理。鉄鋼での使用例は少ない。

【補足説明】
かつては鉛浴を用いて行われていた熱処理が、鉛害を避けるためにソルトバスに変わった歴史があります。しかし、ソルトバスにも問題点はあり、(1)熱処理後の洗浄の必要性 (2)品物にソルト液が残留してさびや穴詰まりの原因になること・・・などがあるために、この流動槽炉が考えられましたが、鉄鋼製品は重要があるため、うまく流動して温度分布を確保することができないことや、不活性ガスを使用するためにコストがかかること、槽から取り出して、例えば焼入れ冷却する際に、空気に触れて脱炭しやすいこと・・・などで、ほとんど鉄鋼用には使われていません。
恒温熱処理などはソルトバスの得意分野ですが、それに変わるランニングコストが少なくてクリーンな熱処理装置が望まれますが、近年ではあまり流動槽炉などのニュースは見ません。

↑記事のTOPに戻る