熱処理加工のJIS規格 (ねつしょりかこう~)   [n09]

【用語の意味】

焼ならし及び焼なまし、高周波焼入れ焼戻し、焼入れ焼戻し、浸炭及び浸炭窒化焼入れ焼戻し、窒化及び軟窒化のほか、溶接後熱処理方法の規定などがある。


【補足説明】

製品の品質規格と異なり、JISに基づいて熱処理加工する鋼材やその状態、品質項目、加工設備及びその精度、熱処理加工後の品質項目、表示の方法などの規定されており、熱処理した製品の品質を保証するために子ららについて社内規格などで規定し管理することを求めている。JISマークの表示許可工場では、JISや顧客の要求する品質が確保できる状態にあるかどうかをこれらの「熱処理加工のJIS規格」に沿って審査される。


以下に、関係するJIS規格番号 改定年 名称及び追補規格を示す。

JIS B6911:1999 鉄鋼の焼きならし及び焼きなまし加工
 JIS B6911:1999/AMENDMENT 1:2010     
     鉄鋼の焼きならし及び焼きなまし加工 (追補1)

JIS B6912:2002   鉄鋼の高周波焼入焼戻し加工
 JIS B6912:2002/AMENDMENT 1:2010     
     鉄鋼の高周波焼入焼戻し加工 (追補 1)

JIS B6913:1999 鉄鋼の焼入焼戻し加工
 JIS B6913:1999/AMENDMENT 1:2010
     鉄鋼の焼入焼戻し加工(追補1)

JIS B6914:2002 鉄鋼の浸炭及び浸炭窒化焼入焼戻し加工 JIS B6914:2002/AMENDMENT 1:2010
     鉄鋼の浸炭及び浸炭窒化焼入焼戻し加工(追補1)

JIS B6915:1999 鉄鋼の窒化及び軟窒化加工
 JIS B6915:1999/AMENDMENT 1:2010      
     鉄鋼の窒化及び軟窒化加工(追補1)


↑記事のTOPに戻る