抜き取り検査 (ぬきとりけんさ)    [n07]

【用語の意味】

通常の熱処理品質は全数検査をするのはまれで、ほとんどは社内規格で定めた抜き取り検査が行われるのが通例。

【関連する用語】

硬さ換算表


【補足説明】

特に要求がなければ、熱処理後には、目視による外観確認と硬さ検査以外はほとんど行わないものが多い。ほかの検査や追加検査をする場合は、別途有償になる。硬さ検査についても抜き取り検査であるので、計数抜き取り検査ではなく、熱処理工程確認の意味合いが強いものといえる。

熱処理加工のJIS表示許可工場やISO9001の認証工場では、硬さのトレーサビリティーや硬さに関する標準類が整備されていることと、硬さの測定における技術的な対応がとられているために、このような検査体系や検査方法であっても、硬さにおける問題が起こることはほとんどなくなっている。
もしもこの品質保証方法で問題がれば「事前に個別に契約する」ことになっている。
硬さ検査の方法においても、様々な暗黙知がある。(最小限で標準化されているが・・・)たとえば、鋼種による特性や形状で硬さ結果が変わってくることや、硬さ測定できる部位は硬さ試験方法によって決まってくる上に、表面硬さしか測定しない(できない)・・・などを上げていくと、全数検査しても、顧客の要求を満たすことも製品全体の品質を保証することも難しくなる。そのために、工程確認検査というような意味合いのものにならざるを得ない。
しかし、熱処理後の硬さは製品特性や寿命を決定するものであるので、それが硬さ検査で担保される必要があるのだが、技術的に未知の問題も多く、顧客や製品の設計者自体も硬さと求める性質の関係などをわからない場合も多いので、現状異常を要求するのも無理のように思う。
品質保証の面でISOなどでは「妥当性の確認」によってそれを保証することが要求されているが、例えば、中心部の硬さなどの問題などは、使用後の不具合品を調査するなどで確認することはできるが、それも、熱処理業者側の問題とするには不合理もあり、寸法検査のような考え方ができていない理由なのかもしれない。
平成の初めごろまでは硬さに対する考え方や測定値の扱いなどの技術的要件を仕様に組み込んだ要求が多かったように思うが、要求する硬さ試験機が使えない品物も多いことなどもあって、近年では小さいことに目くじらを立てて規定化することを要求する例も少なくなっており、硬さ換算表による硬さ換算値で表示することも通例のようになってきており、熱処理業者の試験結果に対する信頼も高まってきている感じがする。


↑記事のTOPに戻る