二次硬化   (にじこうか)      [n05]

【用語の意味】

高合金鋼などでは、500℃程度以上の焼戻しをすると再硬化する現象。


【補足説明】

これは炭化物の析出や残留オーステナイトがマルテンサイト、ベイナイトなどに変化することで硬化するので、その組織を焼戻しする必要があるので、必ず2回以上の焼戻しをする必要がある。
熱間工具鋼や高速度工具鋼(ハイス)ではこれを利用する焼戻しをする。高速度工具鋼では、焼入れした状態の硬さ(これを焼入れ硬さという)よりも焼戻しした後のほうが硬さが高くなる鋼種も多い。この焼戻しを特に「高温焼戻し」といい、通常の250℃程度以下の焼戻しを「低温焼戻し」として区別する場合もある。
これをすることで、品物が焼戻し温度近くになるまで、硬さ変化や組織変化が起きないので、高温での強度が保たれる。


↑記事のTOPに戻る