無芯焼入れ(むしん~)        [m12]

【用語の意味】

中心部まで硬化した品物にする焼入れ。反対語は「有芯焼入れ」。JIS用語では「ずぶ焼入れ」と説明されているが、これは「全体焼入れ」の意味が強いので注意。

【補足説明】

焼入れした際に中心まで焼きが入るかどうかは鋼材成分と大きさによる。これは「焼入れ性」「質量効果」などで表現場合があるが、これらも漠然とした言い方でしかない。

焼入れ性の低い鋼種では「Uカーブ」や「ジョミニ試験」結果のデータがあれば推定できる。また、近年ではシミュレーションソフトを使って検討もできる。

しかし、通常の熱処理検査では「測定可能な位置の表面硬さ」しか測定しない。通常の品物では、硬さの分布がどうなっているのかもわからないのが普通である。

ここで、無芯焼入れが良くて、有芯焼入れが悪いということではない。
この用語は熱処理用語であるが、近年はほとんど聞くことはないし、JIS用語の表現も、私自身理解できない。こんな言い方をされた時代があった・・・という程度で申し訳ないが、これらのことを知っておくことは重要である。


↑記事のTOPに戻る