マルエッチ    [m04]

【用語の意味】

「焼入れ」又は「調質」の慣用的な用語。現場的には「マルエッチする」などの使い方もあり、すでに調質済みの鋼材を「マルエッチ材」等と呼ぶ。焼ならしされた材料は「マルエヌ材」、焼なまし済み材は「マルエーザイ」なども同様の熱処理業界用語。

【補足説明】(この記事は書きかけです)
マルエッチといういい方は業界用語で一般的なものではありません。
当社でも出荷時の現品につけるエフなどの表示を手書きする際に、S45Cの後に「丸囲みのH」を書く場合もありました。慣習的に問題ないといっても、「S45C調質済品」などと表示するのがいいでしょう。
これらのほかに、混同して間違いやすい用語に「アズクエンチ」「H鋼(エッチ鋼・エイチ鋼)」があります。
アズクエンチは As-Quench のことで、焼入れ状態のままのものをいいます。焼入れしたままの硬さは「アズキュー硬さ」などといわれることがあります。これも一般用語ではありませんが、現在の熱処理試験の図表などにも「焼入れのまま」などと表記しないで「As-Q」などの表記は使われています。この程度は覚えておいていいでしょう。
H鋼は、JIS G 4052などで規定される焼入れ性を保証した鋼材のことで、たとえばS45C-H(S45CH)などのように鋼種名の末尾に「H」が付記されています。これは、ジョミニ焼入れ性試験をした時のHバンドが一定範囲にあることを保証した鋼材で、もちろんS45Cとは違うものとして扱う必要があります。

↑記事のTOPに戻る