固溶化 (こようか)         [k58]

【用語の意味】
すでに析出している組織や炭化物などの構成物を固溶体中に溶け込ませること。オーステナイト系ステンレスは急冷することで常温でもオーステナイト組織の鋼になる。溶体化ともいう。
【関連する用語】
 溶体化処理  水じん  ソーキング
【補足説明】

常温の鋼の温度を高めてA1変態温度以上(亜共析鋼では750℃程度)の温度に保持すると面心立方格子のオーステナイトに変化する。通常の鋼はその後に急冷すると、マルテンサイトなどに変化して硬化するが、オーステナイト系ステンレスでは、急冷しても常温でオーステナイトの状態のままの状態の、耐食性に優れた鋼になる。この操作を「固溶化」「溶体化」処理という。
もしも冷却速度が遅いと結晶粒界に耐食性や耐熱性を阻害する組織が析出する(これは好ましくないもので、鋭敏化という)。
その他、「炭化物を固溶する」という言葉もある。たとえばSKD11などの高合金工具鋼の焼なまし状態では、高温の溶湯が凝固するときに析出する共晶炭化物とオーステナイト域以下の温度で析出する共析炭化物が混在するが、焼入れの際には、この共析炭化物を含めてオーステナイト化する必要がある。(共晶炭化物は固溶しない)この「炭化物を固溶する」ためには、焼入れ温度に品物を保持する必要がある・・・という説明がされる。
鉄-炭素2元系平衡状態図の例
【参考図】この図はWEBから引用


↑記事のTOPに戻る