光輝熱処理 (こうきねつしょり)      [k50]

【用語の意味】
保護雰囲気中などで行う熱処理で、表面の酸化や脱炭を防止し、表面の光輝状態で熱処理することの総称。ただし、熱処理前の金属光沢(表面肌)とは異なる場合が多いことに注意。
【関連する用語】
 真空熱処理   
【補足説明】

これに相対する言葉は「大気熱処理」。
当社の真空油焼入れ炉これは、当社の大型の真空油焼入れ炉で、空気雰囲気で鋼を加熱すると表面が変質するので、それを防ぐために保護雰囲気(主に窒素ガス)で加熱したり、脱気して酸素のない状態で加熱すると、表面が変質しない状態で熱処理できる。これを光輝熱処理という。
無酸化熱処理という場合も同じ意味である。
主な光輝熱処理の目的は、脱炭層などの異状層が出ないようにすることであるので、当社では、熱処理価格低減のために、焼入れをこのような「無酸化処理」を行い、焼戻しを大気雰囲気で行うことも多い。
全工程をこのような光輝雰囲気で行っても、若干の窒素ガスなどの雰囲気ガスとの表面反応のため、加工前の表面色とは異なり、また、まったく同色にはできない。しかし、大気熱処理のように脱炭層が0.1mmを超えるなどで、表面硬さに影響するというようなことは無い。
硬さ検査では、指定されない場合は、バフ磨きをして測定し、熱処理肌そのままで測定することはほとんどない。


↑記事のTOPに戻る