恒温熱処理 (こうおんねつしょり)     [k45]

【用語の意味】
塩浴などの恒温槽をつかってする熱処理。焼入れ冷却中に一定温度に保持するオーステンパー、マルクエンチなどがあります。
【関連する用語】
 オーステンパー、マルクエンチ、マルテンパー
【補足説明】

恒温熱処理の説明図
焼入れ冷却中に塩浴などを使って一定温度に保持して組織などを調節する処理について説明します。
上図は、TTT曲線(恒温変態曲線)と冷却曲線を混合した図です。図中の「Sマーク」部分で鋼は硬化(変態)することを表しています。
焼入れ温度(QTemp)から油冷すると、青い線(OQ)のような冷却過程でマルテンサイト変態しますが、ソルトバスなどを用いてMs点直下で保持して冷却(通常は空冷)する方法をマルテンパー(図のMT)、Ms点直上で保持して冷却する方法をマルクエンチ(図のMQ)といいます。両者は同じ処理と説明されている場合も多く、当社でも「ソルト焼入れ」というような表現をしており、硬さの均一性の確保や焼割れ、変形防止などの目的でおこなう方法です。
冷却中にパーライトノーズ(図のPsと書いたところ)を通ると硬さが十分に出なくなるのですが、ノーズより下の温度でソルトバスなどで保持して変態させる方法をオーステンパーといい、パーライトでもなく、マルテンサイトでもない「ベイナイト」という中間的な組織を作ることによって焼入れ組織や機械的性質を調整することができます。
これらの処理は熱処理においてはソルトバスを使う特殊な熱処理として説明される場合が多いのですが、焼が入らない高い温度では「やわらかいオーステナイト状態」であることを利用して、それを加工するなどの「成形+熱処理」技術などへの応用度も高く、塩浴を用いずに、変態をコントロールすることでいろいろな性質を持った鋼板の製造などに応用が可能でしょう。


↑記事のTOPに戻る