結晶粒度 (けっしょうりゅうど)     [k42]

【用語の意味】
顕微鏡観察したときの結晶粒の大きさ。オーステナイト結晶粒度やフェライト結晶粒度などがJISに規定されており、粒度番号であらわす。番号の大きいほうが細粒。
【補足説明】

結晶粒一般的には顕微鏡写真と標準粒度表を比較して粒度を決めるが、JISでは100倍において25mm平方あたりの粒数を粒度番号にしており、この中に1粒あれば「1」、2つあれば「2」と定義している。一般的な粒度の判断は、5以下は粗粒、8以上を細粒といい、細粒鋼のほうがじん性などに優れている。明らかに粒度の違う状態のものは「混粒」という。
しかし、図のように顕微鏡で見る面はある断面であるので、たとえ結晶粒がそろっていたとしても大きさが異なって見えるので標準の粒度表と比べて判定する。この方法を「比較法」という。
近年は光学顕微鏡以外の電子顕微鏡やX線回折では、コンピュータ技術も手伝って、直交する線で切断される結晶粒をカウントし、計算で求める「切断法」で測定される。


↑記事のTOPに戻る