形状記憶合金 (けいじょうきおくごうきん)   [k39]

【用語の意味】
チタンとニッケルの合金が有名。低温ではオーステナイトで、変形させるとマルテンサイト相になり、それを温度を上げるとオーステナイトになって元の形状に戻る。
【補足説明】

Ni-Ti合金が有名で、Ni量の調整やCoやCuなどを加えた合金にすることで、塑性変形させた後に-30℃から80℃程度の適当な温度でもとの形状に回復する。
事前の熱処理は500℃程度から水冷する。その状態のものを変形させて所定の温度(回復温度)にすると、変形前の常態の戻る。
回復温度を超えた高い温度に加熱したり、変形が大きすぎると元に戻らなくなるので注意が必要。


↑記事のTOPに戻る