空冷 (くうれい)      [k35]

【用語の意味】
加熱後に空気中で放冷すること。扇風機(ファン)を用いて冷却する場合も多く、冷却速度や硬さなどを調整する場合には、ファン空冷や衝風空冷などと称される。
【関連する用語】
 焼入れ  ガス焼入れ
【補足説明】

焼入れの際に空冷して十分な硬さが得られる鋼種は「空気焼入れ鋼」などと称される「焼入れ性」の良い鋼種である。
焼入れで問題になるのは、冷却が遅くなって硬さが出ない場合以外に、工具鋼ではじん性の低下等が顕著になる鋼種もある。
工具鋼の焼戻しは空冷で特に問題ないとされているが、1回目の高温焼戻しは残留オーステナイトの分解後であるので、焼割れの懸念があるので、ゆっくり冷やすほうがいいと説明されるが、構造用鋼では焼戻し脆性域は早く冷やす・・・のが鉄則である。これらの脆性について、工具鋼では何も聞いたことがない。
依頼熱処理品でそこまで検討したり要求されることはないが、自社製品では検討の余地がありそうに思うものの、どうも、そのあたりは十分に研究されていない感じもある。実際の熱処理では、教科書通りに行わないものや行えない場合も多い。材料特性で頭打ちになっているので、熱処理面での特性向上で何か考えればいいのだが・・・。


↑記事のTOPに戻る