空気焼入れ (くうきやきいれ)     [k34]

【用語の意味】
空気中で放冷して硬化させる焼入れ法。焼入れ性の良い鋼種に適用する。扇風機(ファン)を使う場合は、衝風(しょうふう)空冷での焼入れという。
【関連する用語】
 油冷  水冷
【補足説明】

冷間工具鋼SKD11などは、φ100程度の品物でも焼入れ温度から空気中に放冷することで60HRC以上の硬さになる。ゆっくり冷やしても品物の内外が同じ硬さになるので、空気焼入れ鋼と呼ばれる。これらは、焼入れ時の品物の温度差による曲がり(歪)発生が少ないことや、精密型などでは「焼入れ性」の良いことなどがあげられる。
しかし、当社の製品で品物が大きいものやじん性が必要なものは500℃程度までを油冷をして早く冷やし、焼割れしないように途中から空冷したり保温したりするなどの複雑な冷却方法をとる。また、放冷よりも早く冷やしたい場合はファン(扇風機)を使って衝風空冷する。
近年多く用いられている雰囲気炉や真空炉では冷却に使用するガスの流量をコントロールして冷却速度を変えて、油冷に近い速度で冷却できるタイプの炉も多い。


↑記事のTOPに戻る