矯正 (きょうせい)    [k29]

【用語の意味】
熱処理などで出た歪み(曲がり)を除去すること。ロールなどで冷間矯正するものや、熱を加えながら外力を加える場合など様々な方法がある。
【補足説明】

常温で実施される丸棒や板材の矯正(曲り取り)は、350HB程度のものまではプレスやロールなどを用いて塑性変形を加えて行うが、それ以上のものは危険なために加熱が必要になる。

高い硬さのものの矯正は、焼入れ過程で未変態の状態で行う場合と焼戻し時に組織変態を利用して行うものがあり、治具や金型を利用して行う前者をプレスクエンチ、後者をプレステンパーと呼ぶ。

プレスクエンチは焼入れ硬化していない状態でプレスや金型で固定する方法で、プレステンパーは、治具等で品物を固定して焼戻ししながら矯正する方法であり、1回目の焼戻し時に行うことが効果的である。

昭和年代には熱処理の熟練工(名工)が多くいたので、様々な方法で矯正作業が実施されていたが、高硬度材の矯正は危険かつ困難で処理費用も高額になるために、焼入れ時の変形を抑えるなどで矯正作業を避ける傾向にあるといえる。しかし、一品一様の一般熱処理では品物の形状が多様で、熱処理に伴う温度・変態の影響が予想できないなどで熱処理変形を少なくすることにも限度があり、仕上げしろを多くする以外に方法がないなど、熱処理を依頼する側も熱処理する側にも悩ましい問題になっている。


↑記事のTOPに戻る