過熱 (かねつ)     [k19]

【用語の意味】
目的温度を超えて加熱し、結晶粒の増大など好ましくない状態が起こる状況。オーバーヒートともいう。 熱処理では、熱力学でいう「過熱状態」とは別のことをさす場合が多い。
【関連する用語】
 ウィドマンステッテン組織
【補足説明】

熱力学的な「過熱・過冷」は、物質が相変化する際に、本来変化する温度になっても変化しない状態をいう。(過熱状態・過冷却状態)
これについては、熱処理においても、加熱時や冷却時に平衡状態図の変態温度(多くはA1変態の場合をさす)では変態せずに、加熱時には変態温度が高くなり、冷却時には変態温度が下がること・・・などが関連する内容であるが、これとは異なり、熱処理で「過熱」と言われる場合は、目的温度を超えて加熱することでの不具合を言い、結晶粒の増大や部分的な溶融などを発生する加熱を言う。
顕微鏡組織 細粒と混粒の例
顕微鏡組織の例(説明用):左が正常組織で、それを高い温度で加熱すると、一部の結晶粒が成長し、混粒状態になる。さらに温度が高いと、結晶粒界に異常な組織が見られる・・・などでオーバーヒートの有無を見ることができるが、外観的に目視することは難しい。


↑記事のTOPに戻る