カーボンポテンシャル      [k02]

【用語の意味】

雰囲気の炭素濃度(炭素当量)のこと。加熱中に、炭素濃度が鋼材の濃度よりも高いと浸炭し、低いと脱炭する。

【関連する用語】
 浸炭 脱炭
【WEB記事を利用した補足説明】

浸炭熱処理において重要な指標です。
CO(一酸化炭素)を含む炭素濃度の高いガスを炉内に入れて高温の鋼に接触させることで鋼表面の炭素量を上昇させるのが「浸炭」で、普通は共析鋼(約0.8%程度の炭素量)かそれ以上の炭素量になるように、炉内ガスから分解生成された水蒸気の露点を計測して炭素濃度を管理する。近年では、安価で連続的に直接計測できるジルコニア式酸素センサや赤外線センサを用いて、効率の良い方法で自動的に濃度を管理して熱処理されている。
通常の焼入れなどの熱処理炉では、大規模な連続炉などを除いて炭素濃度の管理は行うことが少なく、大気炉では燃焼時の酸素比などで熱効率や排ガス組成の管理が行われるものの、一般的には、光輝性や脱炭を避ける必要があるものは、窒素雰囲気炉や真空炉など、加熱中の酸化を防ぐ熱処理設備を用いて熱処理される。


↑記事のTOPに戻る