加圧冷却(かあつれいきゃく)    [k01]

【用語の意味】

雰囲気炉や真空炉などの炉中冷却の際に窒素ガスなどの圧力を上げて冷却速度を上げること又はその冷却方法。

【関連する用語】
 雰囲気熱処理  真空熱処理
【補足説明】

近年、工具鋼などの熱処理では熱処理の外観が優れているために真空炉を用いて熱処理されることが多くなってきました。真空炉の多くは、焼入れ冷却時には窒素ガスをタンクにためて圧力を上げておいて一気に放出して急速に噴射することで冷却速度を早めた熱処理をするタイプが多く、そのような冷却方法を加圧冷却と言います。

ガス量やその流速を増やすと、油冷と同等以上の冷却ができるとされますが、窒素ガスが高価ですし、それを大量に一定方向から噴射するために、冷却速度を高めると歪みの発生が大きくなりやすいという欠点があります。精密部品などでは冷却性能よりも変形が少ないことが重視されることもあって、金型などの機械部品の焼入れでは、油冷より遅い冷却で運転されることが多いという実情ですが、冷却速度が遅くなると品物内外の硬さの差やじん性の低下も懸念されます。


↑記事のTOPに戻る