ポリマー焼入れ剤 (ぽりまーやきいれざい)     [h41]

【用語の意味】

水溶性焼入油、ソリブルなどと呼称される。
ポリアルキレングリコールなどの水溶液などで、濃度を変えることで冷却能を調整できる半面、管理面などで難点もある。


【補足説明】

焼入れ油は危険物であるので、大量に取り扱うには注意が必要で、かつ、品物や環境の汚損などの問題もあって焼入れ油に代わるものが求められてきた。その理由もあって、当社も大量に使用した時期があったが、使いきれなかった経緯がある。
当社での難点は、少しの濃度変化で急激に冷却特性が変わるので、安定した熱処理ができなかったことや、においが不評だったために普通の焼入れ油に戻ったのであるが、高周波焼入れでは常用されており、当社の使用時期から歳月が経過しているので改良されていると思われるものの可否については何とも言えない。


↑記事のTOPに戻る