偏析 (へんせき)         [h38]

【用語の意味】

合金元素や不純物が不均一に偏在すること。
これにより、機械的性質などが不均一になるため、通常は好ましくない。


【補足説明】

鋼は製鋼時の凝固段階では、連続的に合金濃度が変化しながら凝固する。また、凝固は通常は表面部から始まり中心部が最後になるので、やはり連続的に成分が変化して、やはり表面と中心は成分組成や結晶形態が違ったものになる。これらは完全には避けられない問題であるが、凝固時のコントロールだけでなく、鋼塊になってからも様々な操作や対策をして均一な鋼材が製造されている。

近年は構造用鋼など大量に製造される鋼は連続鋳造などの技術進歩のために、かなり偏析は改善されているが、小ロットの高合金鋼では偏析の問題はしばしば発生する。

偏析は硬さの不均一や破損の原因になるが、製鋼、造塊、ソーキング、鍛錬などの過程でいろいろな対策がとられている。

ビレットの断面など大きな範囲の偏析を「マクロ偏析」、顕微鏡組織や微小硬さで見るものを「ミクロ偏析」と呼ばれる。


↑記事のTOPに戻る