ベイナイト         [h35]

【用語の意味】

焼入れなどでパーライトが生成する冷却温度より遅いか、マルテンサイトが生成する冷却温度より早いときに生じる、パーライトとマルテンサイトの中間的な組織をいう。または、恒温変態させる場合で、パーライトとマルテンサイトの中間の組織をいう。


【補足説明】


この図は共析鋼の例であるが、それを恒温変態させるとき、その恒温保持温度によってできる組織の種類が示されている。この状態は、鋼種(成分)によって組織や機械的性質は大きく変わるので、これらの境界は概念的なものであるが、焼入れ時に生じる残留オーステナイトを合わせて考えると、様々な特性を得るための熱処理が考えられる領域であるといえる。
ベイナイトの英語はBainite だが、私が学生の頃に「S曲線の奥まった部分、つまり『Bay(湾、入江)』の部分でできる組織」だと教えられた記憶があり、その記号は「Zw」で表す・・・と教えられた。熱処理論が盛んだった頃の話だが、今、Wikipediaを見ると、このZwに関する異論が書いてある。少しは熱処理分野も進歩しているのだなぁ~と安心した。


↑記事のTOPに戻る