平衡状態図 (へいこうじょうたいず)        [h34]

【用語の意味】

ある組成の合金の温度における組織や相などを示した図である。
通常の鋼の熱処理に関しては、鉄-炭素の2元系(2元素)のものを用いて、ある組成(炭素量)の鋼について、ある温度における組織や相などを示した図で熱処理の加熱温度などを説明するために用いられている。


【補足説明】


これは鉄-炭素2元系平衡状態図で、例えば、0.5%Cの鋼が1000℃ではオーステナイトというものになっているということがわかる。
この図は、共析鋼、適正熱処理温度の考え方、オーステナイト化温度と結晶粒度の関係などを理解するために利用されている。


↑記事のTOPに戻る