噴霧焼入れ (ふんむやきいれ)        [h32]

【用語の意味】

水などを噴霧して焼入れする方法。水中に冷却するより冷却速度が速い。水以外の冷却剤を噴射する場合は、噴射焼入れともいう。


【補足説明】

焼入れ時に品物を水中に入れると、品物が接触する部分で水蒸気が発生し、それに品物が包まれる時に冷却速度が低下する。蒸気膜ができないように水を激しく噴霧すると、通常の水焼入れよりも冷却が早くなって、よく焼きが入る。
噴射焼入れの例は、高周波による移動焼入れなどで行われている。この場合は、水よりも冷却を穏やかにするため、高分子ポリマー焼入れ剤を加えた水溶性の焼入れ液を使用して、加熱直後の部分に噴射して焼入れする。
大洋金属工業様のHPより引用


↑記事のTOPに戻る