雰囲気熱処理 (ふんいきねつしょり)        [h31]

【用語の意味】

炉内の雰囲気を、目的によって調節して行う熱処理。窒素・アルゴンガスなどの不活性ガス、水素の還元性ガスを用いるほか、酸化性、浸炭性、窒化性などの雰囲気もある。


【補足説明】

一般熱処理では高温で加熱中に品物の酸化が生じると脱炭も同時に生じるので焼入れで表面硬さが十分に出なかったり、焼割れの原因になる場合もある。このために窒素ガスなどで大気と置換したり脱気して真空状態で加熱する熱処理を総称して「無酸化熱処理」という場合がある。ただし、この場合はソルトバスなどで空気から遮断する方法も含まれる。


↑記事のTOPに戻る